ニュースレターが治療院にリピーターを呼びこむ


あなたはいま、治療院経営でこんなことにつまずいていませんか?

  • チラシやHPから新規集客はそれなりにできているが、リピートに繋げるためのフォローにまで手がまわらない
  • 3回目までは続けて来院していた患者さんが、4回目の予約を入れなかった
  • 患者さんに、定期的に来院することの重要性を伝えたいが、どうすればいいのかわからない

高い広告費と労力をかけて集客しても、その患者さんがリピーターにならなければ、その費用と労力は、ただムダになるばかりです。患者さんとよい関係を築きながら、ずっと通ってくれるリピーターになってもらえるよう、一刻も早く手を打つべきだと思いませんか?

上記の項目で、一つでも当てはまることがあれば、一度、パブリッシングポケットの「治療院専用ニュースレター」無料サンプルをお受け取り下さい。

ニュースレターのサンプルを申し込む

「あの繁盛している治療院より、自分のほうが腕がいいはずなのに、なんで・・・?」と思っているあなた、「技術があれば来院する」時代ではありません


いまや治療院は「開院すれば勝手に人が来る」ような時代ではありません。どこも集客に奔走しています。そして患者さんも、どこの治療院がいいかとあちこち渡り歩いているのが現状です。
「技術があれば来院してくれる」という考えは甘い、と気づいた治療家は、どんどん集客方法を勉強し、チラシ配布やHP作成といった努力を続けています。あなたも、今まさにその一歩を踏み出したところかもしれません。

あなたの腕の良さを患者さんにわかってもらえる努力はしていますか?

繁盛している治療院のウラにあるカラクリとは


治療院ビジネスで忘れてはならないことがあります。それは、治療院は「ひと対ひと」のビジネスであり、マーケティングのテクニックだけでは患者さんをつなぎとめられない、ということ。

つまり、患者さんがあなたを信頼し、あなたの技術力を確信して「この先生に診てもらいたい」と思わないことには、良い関係を築くことができないのです。

逆に言えば、患者さんと良い信頼関係を築くことができれば、リピーターが確実に増え、新規集客のためにかけた費用と労力をムダにすることなく、安定的な経営をしていくことができます。

単なるマーケティングツールではないニュースレター


ありがとう

パブリッシングポケットのニュースレターは、単なるマーケティングのツールとしてではなく、患者さんに喜んでもらい、あなたと患者さんが良い関係を築いていくきっかけとしていただくために作成しています。

他社のニュースレターと比べてみてください。内容量、記事の多彩さ、読みやすさ、面白さ・・・ 患者さんだけでなく、あなた自身も読んで楽しめるニュースレターです。 また、発行や発送に関わる手間もすべて請け負いますので、ニュースレターを発行するにあたってあなたがするべきことは、数回のメールのやり取りのみ。1号につき5分程度で発行することもできます。

その内容の充実度と手軽さは、弊社のお客様の購入期間の長さに表れています。
弊社がニュースレターの販売を始めて2年半の間に、92%の治療院が内容に満足して発行を継続しています。最長はもちろん2年半、ほとんどが1年以上、現在に至るまで続けているのです。(お客様の声はこちら

弊社のお客様は、すでに良質なニュースレターを確実に毎月発行し続けて、患者さんとの良好な関係を築き、リピーターの多い安定的な経営を確立しています。あなたも同じように、患者さんと良い関係を築きたいと思うなら、今すぐ無料サンプルをお申し込みください。

ニュースレターのサンプルを申し込む

ニュースレターで反応を得るために知っておくべきこと


治療家がニュースレター選びでしてしまう間違いとは?

自分で作らなくても、外注して発行することのできる治療院ニュースレターですが、多くの治療家は、どのニュースレターにするかを決める際に、間違った基準で選んでしまっています。もしかしたらあなたもしている間違いかもしれません。

反応のあるニュースレターと反応のないニュースレターの違いとは?

せっかく費用をかけて出すなら、患者さんからの反応がある、内容のよいニュースレターが良いとお考えのはず。その「反応のあるニュースレター」について、3つのポイントをご紹介します。

ニュースレターはどこまで送るべきか?

常連さんだけ?最近来ていない患者さんだけ?カルテ全員?ニュースレターを発行したら、どの範囲まで送ればいいのか悩む治療家が多くいます。予算の許す限り多い方がいいですが、「院内配布のみ」はNG。その理由は・・・

まずは無料サンプルをお試し下さい

サンプルは無料で、あなた自身の手で加工することができます。反応があるのかないのか、ご自身でも発行が出来るのかどうかは、今すぐ試してみることができるということです。 安定的な経営をしている治療院は、すでに始めていることです。あなたもその仲間入りをするために、いまできることを始めましょう。
ニュースレターのサンプルを申し込む